すべてFX
ホーム > 過払い金 > 弁護士とは対応の方法が異なる司法書士

弁護士とは対応の方法が異なる司法書士

弁護士の場合は、業者との直接交渉や訴訟への対応を得意としていますが、司法書士は、法律に基づいた書類の作成に特化しているのが大きな特徴です140万円以下の債務に関する過払い金請求の手順については、弁護士と認定司法書士でできること自体に関して特筆するような大きな差は見られない。司法書士であっても、過払い金請求の代理人を務め、交渉や訴訟対応をおこなうことは可能です。

しかし、認定司法書士でない限りは代理人として過払い金請求の交渉や手続きの進行を行えないため、対応の方法としては基本的に書類の作成に限られると考えておいたほうがよいでしょう。そのため、司法書士に依頼をするのは、過払い金請求の交渉や手続き、および訴訟までのすべての進行を一任したいケースよりも、自分自身である程度は交渉を行える、あるいはおこなってきたというケースが望ましい。つまり、交渉や手続きについては自分でおこないたい、費用をできる限り抑えたいといったとき、書類作成のサポートとして司法書士を利用するのがベストということです。もちろん、すべてを一任したいというケースでも、認定司法書士であれば、問題なく任せることができるでしょう。

ただ、弁護士ではなく、あえて司法書士に依頼をするのなら、前者のほうが有効的です司法書士は本来、過払い金請求に特化しているわけではないため、実績のある事務所選びが非常に重要となってくるでしょう。昨今では過払い金請求の経験を積んできた司法書士事務所も少なくはないため、適切な対応が行える司法書士を見つけるのもそれほど難しくはありません。過払い金請求の依頼先として人気を得ている司法書士事務所も多いため、その中で自分自身の希望に合った所を探してみることをすすめる。
過払い金や債務整理でおすすめの中央事務所の口コミ・評判はこちら